努力が報われる優しい世界

2015年10月13日コラム

そう、それがMMORPGの世界だと思っていたりします。やればやるほど強くなる、強くなるほど自慢できる、頼られる。それはそれは幸せなことでしょう。現実はそんなに甘くないですからね。
すなふきん
そう、人生はクソゲーなのです( ゚д゚ )
あ、ドラクエの話もちゃんとしますよ^^

オンラインゲームは依存性があるというお話

あくまで個人的な見解ですけれど、ゲームって奴は頑張るとかなりの確度で報われてしまうのが依存性の最たる原因であると感じています。現実の世界でわかりやすく努力が実を結ぶってあんまりないと思うんですよね~実際。
あと何時間勉強したら確実に学年TOPになれる、とかあと何件訪問したら間違いなく営業成績TOPになれる、とかフツーそんなのありえないじゃないですか?でもゲームの世界ではあと何回敵を倒せば確実にレベルが上がる!ってなるわけですよ。

そりゃいい世界だ( ゚д゚ )

しかもオンラインゲームであれば他の人と同じ世界でそれを共有できる。シンプルに考えてハマりますよね。

だって人生はクソゲーだもの( ゚д゚ )

さらに価値観が統一されている

現実世界には色んな人がいて、いろんな価値観があります。自分にとってものすごい頑張った成果を披露してもそこに何の価値も見出してくれない人ばっかりだったなんてことも往々にして起こるわけです。
がしかしオンラインゲームは違います。レベルを上げて強くなり、お金を貯めて装備を買う、みたいなシステムのゲームでレベルにも装備にも興味がない人は確実に少数派ですよね。

あんた何のためにこのゲームしてんだ( ゚д゚ )

とか思われちゃうじゃないですか。つまり頑張れば頑張るほど成果が出せて、その成果は世界の皆が認めてくれるんです。頑張ったら頑張っただけ褒めてもらえるんです!

なんと素晴らしい( ゚д゚ )

その上同じ価値観で上を目指す仲間ができる

そんな世界で戦っていると同じ価値観の下で努力し、お互いを認め合う仲間ができたりするわけです。この辺まで来るともうずっぽりな感じですよね!ちょっとログインしないとかがあろうものなら・・・

ネトゲは遊びぢゃねんだよコラ(#゚Д゚)

とか言われちゃうんでしょう?

とまぁ大体こんな感じなんじゃないの?と個人的には思っているわけですが。世間的に見ると依存性の高いゲームってのは割と目の敵にされているし、少なくとも良くは思われてないわけです。

そこでドラゴンクエスト10

今現在のドラクエ10がちゃんとコンセプトを守っているかは細かく見ると疑問が出てくることもあると思いますが、当初のコンセプトとしては「依存化しないゲームデザイン」というのを掲げていたそうです。
参考リンク:日本人のためのMMORPG開発──『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』の挑戦【CEDEC 2013】
※以前のブログでも一度紹介した記事です。

記事によればゲームをプレイすることが「義務化」しないようにプレイしていない時間にメリットが生まれるようにサポート仲間や元気玉の仕組みを導入したと書かれています。

すでに日課ゲーぢゃねぇか(#゚Д゚)

という声が聞こえてこないでもないですが、個人的には低レベルの人やソロプレイの人でもレールに沿って進めればある程度お金が稼げるインフラ的な仕組みだと私は理解しています。結構親切設計だと思うんですけどね~。
また、最近よく実装される既存コンテンツの難易度緩和も一応このコンセプトに沿ったリリースなのかな~と考えてます。

頑張らなくても報われる超やさしい世界

これが「依存化しないゲームデザイン」の一つの答えなのでしょう。勿論他のゲームにはあまりないコンセプトですし、失敗もしながら探り探りやっているということもあるでしょうけどね。私は気に入ってますし、このコンセプトがなければドラクエ10続けてないと思います。

おわりに

課金で強くなるゲームの話はちょっと置いておきましたが・・・理屈としては一緒なんじゃないかと思います。金をかければかける程強くなり認められる。世間一般にではないけれど、少なくともその世界では。理不尽なことも多い人生というクソゲーに飽きてハマっちゃうのもわからないでもないですけどね。

それはさておき。勿論100点のゲームデザインなんてないけれど、程よい仕様のドラクエ10はかなり気に入っています。ほぼソロプレイっていうのも王道のプレイスタイルではないけれど、それなりに楽しんでます。
もうすぐVer3.1後期のアップデートがありますが、楽しくやっていければいいなぁ~と思いますね!

ゲームは1日1時間( ゚д゚ ) by 高橋名人

・・・いや、もうちょっとやりたいかな。

Blog Ranking


ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします!